【低位株】株は低位株で儲けろ!低位株一覧

【低位株】株は低位株で儲けろ!低位株一覧

株式投資!このサイトは、1000株単位・100株単位などの単位株数で分類した低位株・銘柄探しサイトです。予算と投資スタイルにあった銘柄を見つけてください!

2015年の株式市場を振り返る

2016年の株式相場はどうなる。

 

2015年末の日経平均は、
およそ1万9,000円。

 

2014年末の1万7,000円より、
約9%の上昇で終わった。

 

1年間の日経平均株価の動きを見ると、
夏までは右肩上がりでジワジワ上がって
日経平均株価2万円台が続いた。

 

しかし8月末の大暴落で、
年初の1万7,000円まで
一気に株価が下がってしまった。

 

ここで13週移動平均線が、
26週移動平均線を上から下に抜け、
いわゆる「デッドクロス」が発生してしまった。

 

日経平均はまた右肩上がりに騰がったが、
2万円の大台に近づくにつれて売りが増え、
上値が重くなって下がり始めたところで大納会だ。

 

日経平均週足チャート(2014-2015)

 

2015年の日経平均は、
大まかに言うと右肩上がりで推移したが、
この上昇は、一体どういう理由で起こったのか。

 

2011年をゼロとした比較チャートで、
ニューヨークダウやドル円為替レートと、
比べてみたのが次のチャートだ。

 

ダウ・日経平均・ドル円の比較チャート(2011-2015)

 

近年の日経平均は、アメリカのニューヨークダウや
SP500と相関関係が強くて、大きな影響を受ける。

 

米国の株が下がれば日本株も下がり、
米国の株が上がれば日本株も騰がるのだ。

 

そのため2008年のリーマン・ショック以来、
欧米の株価はずっと低迷しているのと同様、
日本株もずっと低迷が続いた。


2016年前半の株式市場はどうなる?

リーマンショックの影響で、
何年も低迷していた欧米の株価。

 

しかし2011年後半には、
ニューヨークダウが底打ちしたが、
日本株は2013年まで低迷が続いた。

 

アメリカの株価が底打ちしたのに、
日本株が底打ちしなかったのは、
2011年3月の東日本大震災の影響だろう。

 

震災の影響で急速な円高が進み、
円高と逆相関の関係が続いている日経平均株価は、
なかなかトレンド転換できなかったのだ。

 

円高が円安方向にトレンド転換したのは、
民主党野田政権末期の8月頃だ。

 

このころリーマンショックの傷が癒え始めて、
景気や企業業績が良くなっていることが、
欧米でハッキリし始めたのだ。

 

そのため、世界の投資資金が、
アメリカやヨーロッパの株に流れ込んだ。

 

そしてアメリカ(ダウ、ナスダック)や
ドイツDAXの株価指数が上昇し始めて、
為替もドル高&ユーロ高(円安)にトレンド転換した。

 

なのでもし、民主党の野田総理に相場観があったなら、
粘りに粘って解散総選挙を夏まで延期しただろう。

 

半年もあればトレンドが変わったことがハッキリするから、
民主党も惨敗は避けられたはずだ。

 

そして2014年の3月に、日本株が米国株に追いついた頃、
「黒田バズーカ」と呼ばれる大胆な金融緩和が発表された。

 

その後の株価は、先ほどの比較チャートで見ると、
ほとんど横ばいで、あまり騰がっていない。

 

その1年半後の2014年10月末に、
第二弾の金融緩和「黒田ドーピング」が出され、
株価が上昇し始めたのだけれど、
これは年金運用機構GPIFが株を買ったせいで、
GPIFバブルだと考えられる。

 

2015年の米国株はほとんど横ばいであったのに、
日本株が9%も上昇したのは、
このGPIFの買いがあったと言うことかも知れない。

 

しかしGPIFの運用成績は、2015年7-9月期に、
マイナス8兆円・5%以上の損になったというから、
これ以上、高値を追いかけることも出来ないだろう。

 

となるとGPIFによる株価押し上げ効果は、
2016年には期待ができないから、
逆にバブル崩壊の憂き目に遭うことも考えられる。

 

目を世界に転じれば、2014年からの原油安が定着し、
ロシアなどの産油国が歳入不足に陥っている。

 

これが石油以外の資源や穀物の安売りにつながり、
資源安・コモディティ商品価格の下落を引き起こしている。

 

そのため、資源株や穀物関連の株が下がっている。

 

中国の景気減速もハッキリし、
米国株も期待出来ないから、
2016年は楽観できない展開ってことだろうな。


このエントリーをはてなブックマークに追加