NT倍率の推移と、トレンド

NT倍率は、日経平均株価と、TOPIX指数の比率を表す数値だ。 

 

日経平均株価 ÷ TOPIX という計算式で表されて、過去のデータでは10倍から13倍くらいの倍率になる。 

 

日経平均株価は、東証一部銘柄から、代表的な企業を225コ選んで平均したもの。 

 

一方、TOPIXは東証一部の全銘柄の時価総額の指数だ。 

 

だから日経平均株価の225銘柄は、TOPIXに全部入ってる。 

 

そのため、普通は日経平均株価もTOPIXも、似たような値動きをする。 

 

ところがNT倍率の推移を観察すると、10倍に近い時期と、13倍に近い時期があることがわかる。 

 

これは一体、何を意味するのか?

 

NT倍率の推移 年次データ(1989-2017)

NT倍率の推移と、日銀のETF買い

 

上のグラフを見ると、バブル景気の頃はNT倍率が高く、2000年代の10年は、NT倍率が低かったことが分かる。 

 

これを見ると、バブルの頃は、みんなよく知っている大企業の業績が良く、株価もドンドン上がっていたが、2000年以降は、大企業の業績があまり良くなくて、株価も振るわなかったと言うことらしい。 


NT倍率の推移、リーマンショック以降は、どうなっているのか。 

 

月次データを元に、アベノミクス相場の少し前からNT倍率の推移をグラフ化してみた。 

 

NT倍率の推移 月次データ(2012-2017)

※アベノミクス相場(2013-)の1年前から。 
NT倍率の推移と、日銀のETF買い

 

このグラフを見ると、NT倍率は11.5倍から12.5倍くらいの間を動いている。 

 

さらに、ジワジワと右肩上がりに上がっていることも分かる。 

 

この大きな原因は、安倍政権が日銀の日本株ETF買いによって、株価を吊り上げていると言うことが挙げられる。 

 

このETFというのは、Exchange Traded Fundsの略で、「上場投資信託」と呼ばれるモノだ。 

 

「投資信託」とは、簡単に言うと「株のパッケージ」に投資するようなモノで、複数の銘柄に分散投資を行うようなモノだ。 

 

投資信託にも色々あって、たとえば日経平均株価(日経225)の連動型ETFであれば、日経平均225銘柄の値がさ株をまとめてガバッと買い集める。 

 

日経平均株価は、株価の平均なので、225銘柄のウチ、株価が高い方から順に20銘柄とか30銘柄を、まとめて買ったり売ったりする。 

 

具体的には、ユニクロのファーストリテイリング1万株と、ソフトバンクHDを1万株と、ファナックを1万株と、…と言う風に20〜30銘柄くらいをパッケージにして売買するわけだ。 

 

日銀の日本株ETF買いは、当初、日経平均連動型ETFを中心に行われていたため、NT倍率が上がった(少なくとも下がらなくなった)と考えられる。 

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加

★相場師朗の超短期トレードの極意

仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225