2018年前半の株式相場はどうなる?

2018年前半の株式相場はどうなる?

 

こういう記事を書き出そうとしてから、すでに1ヶ月が経ってしまった。 

 

このサイトでは、4ヶ月毎くらいに、それまでのまとめ的な記事をあげているが、今年はどうしよう。 

 

そんなことを考えていたら、2018年はいきなり初週に海外投資家がドカンと買ってきた。 

 

大発会の1月4日に日経平均が741円も暴騰して、さらに翌日も200円上昇で、昨年来高値を更新するという驚きの展開。 

 

翌週の投資家主体別売買状況を見ると、たった2日で4,500億円以上の買い越し。 

 

いくら縁起物の大発会だとは言え、これはいくらなんでもやり過ぎだ。 

 

そう思っていたら、第2週にはもう買いが止まり、第3週からは売り越しで、結局2018年1月は、-477,331百万。 

 

大発会直後に4,500万も買い越しておいて、結局それ以上、売ってたらしい。 

2018年1月の海外投資家動向



一方、株を買っているのは信託銀行や投信などで、5475億円も買われている。 

 

信託銀行の買いは約2700億円で、投信も同じく2,700億円くらい。 

 

信託銀行は日銀ETF買い入れ絡みの買いだろうが、投信はどうやら高値づかみさせられた模様。 

 

コレは結構ヤバい状況かも。 

 

案の定、2月に入ってから、株価は乱高下し始めた。 

 

元々はニューヨークダウが1,000ドルを超える大幅下落がキッカケだが、海外の投資家が資金を引き揚げにかかっている可能性も高い。 

 

また、日経平均株価が上がるとき、下がるときでも書いたとおり、日本株は、個人投資家は買っていない。 

 

また日経平均が下がらないのは、自社株買いと日銀のETF買い入れで下支えされているだけなので、これが怪しくなれば、やっぱり大きく下がる可能性も高い。 

 

2018年前半は、もしかするとカラ売り天国かも。 

広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2