100円未満の株の値動き ブロードメディア

低位株の値動きを見る。 

 

次は100円未満の株の値動き。 

 

60円とか80円くらいの株というのは、どういう値動きをするのか。 

 

この価格帯の銘柄というと、ほとんどが「かつてはもっと注目されてたが、落ちぶれた」という感じの企業が多い。 

 

実際、5年前や10年前は、300円前後で推移するような銘柄だったのだが、黒字と赤字を行ったり来たりで、配当も出せないので株価も100円以下に落ちたという感じ。 

 

この当たりの株価の銘柄は、基本的に無配で配当が出ない。 

 

配当が出る銘柄だと、年度末には配当狙いで買いが入り、ジワジワと上がって行くものだが、無配銘柄にはそういう動きはない。 

 

また、地合いが悪くなると売られるが、地合いが良くても買われない。 

 

こういう風に「買う理由」がほとんど無いため、ジワジワと右肩下がりで株価が下がっていく。 

 

こんな感じ↓

低位株の値動き 日足チャート(4347 ブロードメディア)

配信技術に強みを持つコンテンツ事業者。 BS放送や教育事業も。 クラウドゲーム事業育成中
80円株の値動き ブロードメディア


100円に満たない株価の銘柄は、世間的にはほとんど知られていない中小企業がほとんどだ。 

 

ただ世間的にはほとんど知られていない企業でも、低位株トレーダーには名前が知られている銘柄も多い。 

 

というのもこの手の銘柄は、思惑相場を作るからだ。 

 

毎年、赤字と黒字を行ったり来たりしている様な銘柄は、一発大きな材料があると、株価が大きく噴き上がる。 

 

たとえば上に日足チャートを載せたブロードメディアも、思惑で何度も株価が大きく噴き上がっている。 

 

この会社は映像制作の会社で、釣り番組の制作や、自主制作映画、映画の吹き替えなどを手がける企業だ。 

 

そのため、ネット配信ビジネスに参画して、Gクラスタという、クラウドゲーム配信を始めるというIRが出た時には、大いに盛り上げって株価も高騰した。 

 

100円台前半だった株価が、500円を超えるところまで上がったので、4倍くらいになったこともある。 

低位株の値動き 10年チャート(4347 ブロードメディア)

80円株の値動き ブロードメディア

 

最近は、子会社の決算に怪しいところがあると言うことで、100円を大きく割り込んでいるが、この悪材料を織り込んだ後に好材料があれば、また大きく噴き上がる可能性もある。 

 

また、東京オリンピック関連で、映像制作ビジネスも盛り上がりそうだしね。 

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加

★相場師朗の超短期トレードの極意

仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225