株は美人投票?

株は「美人投票」だと言われることがある。 

 

みんなが美人だと思うと、株価は急騰する。 

 

しかしアラが見え始めると、株価は下落する。 

 

絶世の美人だと思って全財産をつぎ込んで、ようやく一夜のデートにこぎ着けたと思ったら、素顔や悪い性格の方が目立ち始め、失望するというような事が起こる。 

 

株の場合も、新しい材料が出て、これは凄いと思う銘柄には買い注文が殺到し、ストップ高まで急騰する。 

 

ところが一晩二晩過ぎて冷静になってみれば、「それほどでもないな」「他でも似たようなことをやってたな」と分かって、途端に熱が冷めたりする。 

 

大幅上昇した翌日に、ドデカい売り注文が続いたりするのは、「それほどでもない」と思っているホルダーが、「今が売り時」と思って全部売りに出してくるからだろう。 

 

こういう風に大量の売り注文が出ると、他のトレーダー達も「あれ?絶世の美女だと思ったが、十人並みだったか」と考え始める。 

 

そうして興奮が少しずつ冷めていき、株価は徐々に下がり始める。 

 

さらに下落を察知した大口も、さっさと手仕舞って長い陰線ができる。 

 

買い手だった大口トレーダーが、買いから手仕舞いに替われば、当然買いの勢いはなくなるので、ストーンと株価は下がる。 

 

その結果、明らかな好材料であっても、その日は値を消してしまうと言うこともよくある。 



株価は需給が全て。 

 

買いたい人が多ければ上がるし、売りたい人が多ければ下がる。 

 

特に重要なのが中小の投資ファンドや大口トレーダーの動向で、彼らが買っているウチは株価は下がらない。 

 

逆に彼らが買わなくなったら、株価はジワジワ下がる。 

 

そんな感じのチャートが下のチャートだ。 

 

値上がりするも、元の木阿弥になった5分足チャートの例

 

このチャートでは、朝イチから買いが断続的に入って上昇したが、11時過ぎたところからトレンドが替わり、結局大引けには、前日比からわずかに高いところで引けている。 

 

いわゆる「値を消す」という形のチャートだが、これだけ需給バランスがハッキリしているのであれば、さっさと手仕舞いしないといけない。 

 

特に朝の11時前後から大きな売りが出て、長い陰線が出た時は、後場はどうなるかサッパリ分からないので、後場イチの板情報を見て、撤退するかどうかを判断しないといけない。 

 

このとき注意すべきは「買い注文の分厚さ」で、有望銘柄ならば後場寄り前に買い注文がギッシリ並ぶ。 

 

しかしもう一つ有望視されていない銘柄だったら、後場寄り前に買い板が薄くてスカスカになっていたりする。 

 

もし前者であれば、11時過ぎから前引け前の売りは、デイトレの利確売りだと理解できるので、切り返して上昇することが期待出来る。 

 

しかし後者の買い板が薄い状態ならば、トレンドは下落方向になるので、後場寄りでさっさと逃げるのが吉(きち)と判断すべきだ。 

広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加