ボックス圏・レンジ相場は難しい

株価の値動きには、大きく分けて3つしかない。 

 

それは

  • 上昇トレンド
  • 下落トレンド
  • レンジ相場(ボックス圏)

の三つだか。 

 

上昇トレンドというのは、次第に高値が切り上がっていく相場で、右肩上がりのトレンドだ。 

 

下落トレンドというのは、逆に値が下がっていく相場で、右肩下がりのトレンドだ。 

 

こうしたトレンドがハッキリしている銘柄は、分かりやすいので問題は無い。 

 

上昇トレンドなら、押し目を狙って買いを入れれば良いし、下落トレンドなら、利確なり損切りするか、カラ売りヘッジすれば良い。 

 

ところが実は、分かりやすいハズの値動きなのに、損ばかりすることがある。 

 

上昇トレンドだと思って買ったら下がるし、下降トレンドだと思って売ったら上がる。 

 

トレンドに乗っているつもりなのに、逆に動いてしまう。 

 

こういう時は、実はトレンドを読み間違えている事が多い。 

 

実際は大きなボックス圏・レンジ相場にハマっているのに、上か下のトレンドだと読み間違えるのだ。 



レンジ相場になっている時は、レンジの底に当たると上がり始めるし、レンジの天井に当たると下がり始める。 

 

こういう場合、上昇トレンドだと思って買ったら、すぐにレンジの天井に当たって下がり始める。 

 

下落トレンドだと思って売ったら、すぐにレンジの底に当たって上がり始める。 

 

そのため、自分が読んだトレンドとは、逆の方向に動いて「あれ?おかしいな?」と、うろたえることになる。 

 

トレンドがハッキリしている5分足チャートの例

 

レンジがハッキリしている場合は、レンジを上抜けるのにかなりのエネルギーが必要だ。 

 

レンジの天井に近付くにつれて、前回の天井で高値づかみした人が塩漬け株を売りに出してくる。 

 

レンジの底で買った人も、そろそろ利確タイミングかと思って株を売り出してくる。 

 

そのため、この売り以上の強い大きな買いが続かない限りは、上抜けられないのだ。 

 

となると、レンジ相場では、逆張りが有効だと言うことになる。 

 

つまり、下がったら買う、上がったら売る、と言うことだね。 

 

たとえば下落トレンドが続いた後に、ナンピン買い下がりをして反転を待つというような。 

 

ただしこれは資金力がある人でないと難しいから、個人の零細トレーダーには向いてないかも知れない。 

 

デイトレだったらなおさら難しいだろうね。 

 

広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加