地方銀行の収益の推移

マイナス金利政策導入以降、地方銀行が疲弊しているというニュースはよく聞く。 

 

でもその実体とは一体何か、もう少し詳しく調べて見る。 

 

まず地方銀行の業績の中心となるのは、「業務純益」という指標だ。 

 

業務純益は銀行の投融資による損益のことで、銀行本来の業務による稼ぎを言う。 

 

一般企業では「営業利益」と呼んでいるのが、これだ。 

 

そしてこの業務純益は、大きく分けて二つに分かれる。 

 

それが

  • コア業務純益
  • 国債等債券関係損益

という2つだ。 

 

コア業務純益とは、一般企業への融資や住宅ローン融資の利子収入から諸経費を差し引いたモノだ。 

 

一方、国債等債券関係損益とは、その名の通り、国債や債券によって得た利益や損失のことだ。 

 

前者は融資による利益で、後者は投資による利益ってことだね。 

 

これをグラフで表すと、次のようになっている。 

 

地方銀行の業務純益の内訳 (2008-2017 64行合計)



もう少し詳しく見てみる。 

 

2016年1月末のマイナス金利政策導入前の業績は、2015年度以前になる。 

 

つまりマイナス金利政策導入後の影響は、2016年度以降に現れるので、2016年度の業務純益に注目する。 

地方銀行 [64行合計] の業績の推移(2014-2017)
単位:億円業務純益(コア+債券)当期純利益コア業務純益国債等債券関係損益
2014年度12,8178,21112,128578
2015年度12,7029,40312,191504
2016年度10,3487,95410,660-467
2017年度9,4637,83810,887-1,067

全国地方銀行協会HPより作成

 

これを見ると、2016年度のコア業務純益は、前年度と比べて、約1,500億円のダウンになっている。 

 

さらに国債や債券による損益は、プラス500億円からマイナス500億円と、約1,000億円のマイナスになっている。 

 

これによって、なんと18%以上の減益になっているのだ。 

 

個々の銀行がそれぞれの事情で20%近い減益になることは珍しくもなんともない。 

 

しかし64の銀行の合計で18%も減益となると、これはただ事ではない。 

 

一体何が起こっているのか?というと、日銀のマイナス金利政策の影響で市中金利が低下して、貸出金利が下がった影響だと言われている。 

 

そしてもう一つが、金融緩和の名目で国債を日銀が買い占めてしまったため、銀行が日本国債を安く買えず、外国債で損失を出しているということだ。 

 

2018年現在、アメリカの長期金利(10年物国債の利回り)は3%前後まで上昇しているが、これはアメリカ国債の値段が下がっていることを意味する。 

 

そのため、アメリカ国債を大量に買っていた銀行は、評価損(含み損)を山ほど抱えてしまったらしい。 

 

債券の場合は、市中で売却するなり、満期が来ない限り損失が確定しないのだが、それでも既にマイナスになっているのは、かなり怖い状態かも知れないね。 

広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加