株式市場のふり返り(過去のトピックス)記事一覧

2015年4月10日に、日経平均は2万円の大台に乗せた。乗せたといっても、9時過ぎのほんの一瞬だったが。その後は売りが殺到し、この日はなんと前日比マイナスで引けた。週足チャートを見ると、ここ2年ほど、日経平均は、約2,000円幅のボックストレンドだ。2013年中盤は、下限が1万3,000円で、上限が1万5,000円の間のボックストレンド。2013年11月から2014年10月までの約1年間は、下限が...

2015年の株式市場は、果たしてどうなるか?キーワードは、原油価格下落になるかもしれない。ここまでの動向を再確認すると、2014年12月、原油先物価格(WTI)暴落。原油先物価格は、2014年6月には、1バレル105ドルという高値水準にありました。そこからジワジワと下がり始めていたんですが、しばらくは三角保ち合いの形になっていました。しかし8月には三角保ち合いを下値ブレイクし、12月には1バレル6...

2015年春の株式市場のトピックの一番は、日経平均株価2万円回復!だろう。2015年4月10日の前場・9時9分に、日経平均は15年ぶりの2万円回復を果たした。15年ぶり、大節目の2万円、ということで、証券会社では拍手が起こったり、テレビのニュースで大々的に報道されたりした。ただし2万円台に乗ったのはわずかな時間で、2万円タッチ後は株価を下げて、この日の大引けはなんとマイナス。その後の日経平均は1万...

2016年の株式相場はどうなる。2015年末の日経平均は、およそ1万9,000円。2014年末の1万7,000円より、約9%の上昇で終わった。1年間の日経平均株価の動きを見ると、夏までは右肩上がりでジワジワ上がって日経平均株価2万円台が続いた。しかし8月末の大暴落で、年初の1万7,000円まで一気に株価が下がってしまった。ここで13週移動平均線が、26週移動平均線を上から下に抜け、いわゆる「デッド...

2016年の株式市場は、下落続きで始まった。前年の夏前の2ヶ月間、2万円台でずっと揉み合った後、上海市場の暴落と市場閉鎖(チャイナショック)によって、一気に15%下落して、1万7,000円まで下落した。そこから8月9月にも大きな暴落があったが、何とか11月下旬には2万円タッチまで回復。しかし2万円台での揉み合いが長く、戻り売りに押し戻される形で1万9,000円前後まで下落。ここで日銀の「補完措置」...

2017年の株式相場はどうなる?これほど読みにくいモノは無いだろう。というのもアメリカの新大統領が、民主党のバラク・オバマから、共和党のドナルド・トランプに変わったことから、全く予想が付かなくなった。というのもドナルド・トランプという人は、不動産王であり投資家で有り実業家だ。トランプは政治家の知り合いも多いが、トランプ自身は政治家経験が全く無い。そのため、今までの大統領のように、従来のしがらみや政...

2017年も早3ヶ月が過ぎた。2016年後半には、イギリスのEU離脱が決まったり、米国の新大統領に、不動産王ドナルド・トランプ氏が決定したり、様々な大きな変化があった。そして年が明けた2017年には、実際にトランプ大統領が就任し、イギリスがEU離脱を正式に通達し、離脱に向けた正式交渉が始まった。米国の金融政策を決定するFOMCでは、2016年末に金利を0.25%引き上げたが、さらに2017年3月に...

2017年前半の株式相場は、膠着相場であった。2017年前半の株式相場を振り返ってみると、前年12月から2月まで、日経平均株価が1万8000円台で、およそ3ヶ月にわたって揉み合いの商状だった。そして3ヶ月の揉み合いの後、3月には株が売られていったんは下落したが、4月中旬からまた謎の買いが続いて株価は上昇。5月6月7月の3ヶ月間、日経平均は2万円台で揉み合うという展開が続いた。この原因の一つは、アメ...

日経平均株価は、なぜ上がるのか。日経平均株価は、なぜ下がるのか。簡単に言うと「海外の機関投資家が買えば上がる」。簡単に言うと「海外の機関投資家が売れば下がる」。海外から資金が流入すると日経平均は上がり、資金が流出すると日経平均は下がる。これは、リーマンショック(2008年8月)の翌年(2009年)を起点とした、投資部門別累計と日経平均のグラフを作ってみると分かりやすい。投資部門別売買累計グラフ(2...

2018年前半の株式相場はどうなる?こういう記事を書き出そうとしてから、すでに1ヶ月が経ってしまった。このサイトでは、4ヶ月毎くらいに、それまでのまとめ的な記事をあげているが、今年はどうしよう。そんなことを考えていたら、2018年はいきなり初週に海外投資家がドカンと買ってきた。大発会の1月4日に日経平均が741円も暴騰して、さらに翌日も200円上昇で、昨年来高値を更新するという驚きの展開。翌週の投...