七夕天井・天神底

7月のアノマリーとして挙げられるのは、七夕天井・天神底という言葉だろう。 

 

7月上旬の七夕(たなばた)当たりが株価のピークで、7月24日の大阪天神祭(てんじんまつり)の頃が、株価の底になるというアノマリーだ。 

 

実際どんな感じなのか、データを取って調べて見たいところだが、さすがにちょっとしんどいな。 

 

それに正味2週間しかない間に天井と底が来るというのは、ちょっと値幅がなさ過ぎるし。 

 

で、なんで七夕天井なのかというと、恐らくはボーナスとか配当とか、大きなお金が個人投資家の財布に入ってくるので、それがまた株式相場に再投資される頃と言うことかも知れない。 

 

株価というのか結局、需給で動くわけだから、長期保有の買いが入れば上がるし、それがなくなれば下がる。 

 

 

 



広告

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2


このエントリーをはてなブックマークに追加