株のアノマリーは、当てになるのか?

アノマリーというのは、因果関係はハッキリしないが、よく起こる現象のことを言う。 

 

たとえばサッカーのワールドカップが開催されている期間は、株式取引が減り、閑散化すると言われている。 

 

株式市場が閑散化すると、優良株は下がらないが、中途半端な銘柄は買い手が居ないので、下落する。 

 

これは株のアノマリーの一つだ。 

 

また7月上旬や12月上旬は、株価が上がりやすいと言う。 

 

なぜならこの時期はボーナスが出て、ボーナスで株を買う人が増えるからだ、とか。 

 

しかし実際のところ、この時期に株が特に騰がりやすいという印象は全く無い。 

 

私は零細デイトレーダーで、小型株や新興株を中心に売買しているので、個人の買いが強くなったか弱くなったか、多少は分かるつもりだが、そういう感じはしない。 

 

7月に関しては、「七夕天井、天神底」(たなばたてんじょう・てんじんぞこ)というてアノマリーもある。 

 

これは七夕の頃の株価がピークで、天神祭が行われる7月24日あたりが底になる、というアノマリーだが、これもなんか妙だ。 

 

というのもこれが正しいなら、7月の月足は陰線とか上ヒゲになりそうなもんだが、過去10年の月足チャートを見ても、陽線になっている年が多かったりする。 

 

そんなわけで、株のアノマリーが正しいかどうか、妥当かどうかはかなり怪しい。 

 

アノマリーには様々なモノがあるため、妥当で起こりやすいアノマリーもあるし、そうでもないアノマリーもあるんだろうけどね。 



ただし大きな資金が動くようなアノマリーは、比較的当たりやすいようにも思う。 

 

というのも株価というのは結局、買い手と売り手の需給(じゅきゅう)バランスで決まる。 

 

そしてこの需給を決めるのは、機関投資家や投資ファンドなどの大口トレーダーの動向だ。 

 

つまり大口が買いに入っている時期は株価は上がるし、逆に大口が買いに入らない時期は、株価は低迷する。 

 

この大原則さえ分かっていれば、それぞれのアノマリーが妥当かどうかは、ある程度判断できるかも知れない。 

 

たとえば機関投資家や投資ファンドは、利益を顧客に分配するため、年に2回くらいは益だし(えきだし)のために利益確定を行う。 

 

これはそういう決まりでやっているモノだから、この時期は株が売られて株価は低迷するのが当たり前。 

 

ただどのタイミングで益だしを行うかは、それそれのファンドの判断だから、5月から6月くらいとか、10月から12月にかけてと言う風に、かなりアバウトになる。 

 

だからこそ、根拠は強いけれど、アノマリーだと言われるわけだね。 

 

さらに、良く起こるアノマリーは、それを信じて売買するトレーダーや投資家も多くなるので、それだけでアノマリーの出現確率も上がってしまう。 

 

自分はそんなアノマリーなんて信じないぞ、と頑張ってみても、多勢に無勢だから、抵抗したら逆に損する羽目にもなる。 

 

だからアノマリーの存在だけは、とにかく知っておいて損は無いと思う。 

 

ということでここからは、様々なアノマリーについて、随時調べていくことにする。 

広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2